トレチノインとは

トレチノインとは

トレチノイン(レチノイン酸)とは、ビタミンAの誘導体のことで、アメリカでは古くからにきび、紫外線ダメージによるしみやしわなどの治療薬に使われているものです。

 

本来肌の生まれ変わり(ターンオーバー)には約4週間かかりますが、ターンオーバーを2週間程度に速めるのがトレチノイン。トレチノインには、表皮の細胞を活発に増殖させることで、表皮の深い層にあるメラニン色素を押し上げて、外に出してしまう働きを持っています。トレチノインは私たちの体内にもごく微量流れているものですから、アレルギー反応を起こすことはありません。

 

その優れた働きから、美白治療に重宝されるトレチノインなのですが、厚生労働省では認可されていない薬剤だけに、クリニックなどでの自由診療を経て処方してもらう必要があります。しかし、一部ネットオークションや、トレチノイン療法の詳細を理解しない医師が営利目的で販売しているケースが見られます。

 

トレチノインはただ塗れば良いというものでもありません。
なぜなら、トレチノインの濃度によっては、反応が強く出すぎて、皮膚のただれ、炎症、出血などの肌トラブルを引き起こしかねないからです。医師の管理下で、注意して扱う必要があります。

 

トレチノインハイドロキノン療法が用いられる美白治療例


ホーム RSS購読 サイトマップ